憲法使いの弟子

| コメント(6) | トラックバック(0)

「だまれ俺は芦部信喜教授の孫弟子の同期だぞ」ってのはどうか(挨拶)。憲法問題だから「ノモス主権論尾高朝雄教授四世の孫弟子」の方がいいかな。しかしその、尾高宮澤論争以来の敵対派閥(笑)だからというのではないが、天賦人権説というのもそうスジのいい議論ではないので切り札的にそれは天賦人権説否定ですねドヤアみたいなのもどうかと思ってちょっと書く。

というのは自民党の憲法改正案にまつわる問題で、それを進めている人々がtwitterでうかつなことを言っているのに対して怒っている人々がいるという話であり、いや個人的にも先般提案された改正案はろくでもないものになっていると思っているわけではあるがおそらく私が問題にしている箇所は人々が怒っているのとは違うし、いま問題にされているような論じ方が利口だとも思えない。というので少し書いて放っておいたら政治のほうが動き出したりしてどうしたものかと思っているわけだが、とりあえずこの点についていうとどちらにせよ人権をひとくくりにして性質を論じている時点でスジが悪いよねえと、そういう話。

つまり天賦人権説が唱えられた頃の「人権」というのは古典的人権であり、具体的にフランス人権宣言(1789)に列挙されているあたりを見ると「自由、所有、安全、圧政への抵抗」(2条)が中心となる。ポイントはこれらがいずれも国家に対する禁止に対応していることで、たとえば所有権に基づいて正当な理由と補償のない収用が禁止されるのだが、それは国家が侵害行為を為してはならない(不作為の義務付け)ということを意味し、積極的な行為を要求していない。逆に言うと、だからこそ前国家的な状態にも適用し得るし、天賦だという主張に意味がある。

これに対し、日本では主として戦後に拡張された部分としての社会権は、その実現に国家の存在や積極的な行為が必要になる。だから国家の存在の方が論理的に先行するとも言えるし、それを危機に陥れるような利用は許されないとする余地もある。誰も国家に対する納税義務を果たさないのに、国家による「健康で文化的な最低限度の生活」供給が実現するわけないでしょ、という話。

付言すると、この手の「義務があって権利がある」という話をすると納税できない障害者には人権がないということですかとドヤ顔をする人がいるわけだが、そんなもん「平等な納税義務」の「平等」に「負担能力に応じた」とか「稼得能力に応じた」という但書を入れておけば済むだけの話(だし大抵は入っている)。それでも能力があるのに適切な負担を回避するとか、社会的資源をwaste(浪費・損耗)することを排除する程度の意味はあるわけだ。少なくとも、十分な稼得能力がありながら自由意思で選択した飛び降り自殺に失敗した結果として重度肢体障害になりました、という人間に対する医療扶助をアフリカの難民孤児救済より本当に優先しないといかんかねえというのは、真剣に考えてみるべき課題だろう。

国家の存在しない無人の砂漠の真ん中にひとり装備もなく放り出されたとして、そのとき私の行動や選択を束縛する何物も存在しないので自由はまったく損なわれていないというのも一つの解釈。でもそれすぐに死んじゃうし結局どんな可能性も実現できないよねえというのも一つの解釈。前者は古典的人権としての自由権に対応しており、後者はより新しい人権概念に基づいている。人権の概念を古典的な範囲に制限すれば天賦人権説を堂々と主張することもできるが、憲法改正案を批判している人たちは多分それも望んでないだろうねと、そういう話なわけ。基本的人権を「人権」というひとかたまりのものだと思うと、このように性質のかなり違うものをごちゃっと議論することになってしまうので、それに対してどのようなスタンスを取るにせよあまり賢くないと思うわけである。

* * *

ちなみに上記のような対比も絶対のものではなく、古典的人権についてもそれを実質的に実現するような国家行為が要請されるという立場(ドイツの基本権保護義務とか)もあり、これを認めると私人間関係だろうが人権保護に抵触するなら国家がばりばり介入しちゃいますよという話につながりかねない。無人の砂漠は自由そのものだろう何言ってんだとばかりに積極的自由とそれに対応する新しい人権を否定する立場も、実定憲法解釈を離れれば十分にある。古典的人権にせよ社会権にせよ特定の行為を請求する権利ではないので(「健康で文化的な最低限度の生活」を供給する方法はおそらくいくつもあり、その選択は国家側の裁量に委ねられている)それを権利の一種と捉えることに問題があり、むしろ国家の配慮義務を本体として考えるべきだとする立場もある。

ただその、天賦人権説を批判するならするでこの程度の腑分けというか、理論的蓄積を踏まえてやらないとちっとも議論が前に進まないわけであって、そういう作業をないがしろにして直弟子を自称するのもいかがなものか。Twitterで議論するような大掴みの問題じゃねえだろ、こういうの。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.axis-cafe.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/901

コメント(6)

気の利いた仕事をしてる人は○○の直弟子とか声高にいわないとおもうんですよぉ。そういうのは、普通は、いわなくても周りは知ってるもんだし、知らない人にいっても「うちは田舎じゃ旧家なんだぞ」と自慢するのと似た筋の話の気がするし。ちょっと恥ずかしそうにそれでも自慢するのはあり。とある、もう退官されてしまった先生が「あれ? 先生、ってことは、もしかすると呉茂一先生の弟子筋なんですか」という私の間抜けな質問に、顔をあからめながら「孫弟子になりますかね。実は結構、自慢なんです」とおっしゃったのは失礼ながらとてもかわゆらしかった。

いつも楽しく拝見しております。
ちょっと時間が空いたので、たまにはコメントを・・・。

なんとなく大屋先生は「権利が存在する」ことと「権利を行使する」ことをごっちゃにしているように思われました。

天賦人権論者が顔を真っ赤にして怒っているのは、某議員が市民に対し「義務」を与えたところにあると考えられます。義務というのは、強制力を持つものであって、義務を果たさないということは通常できないことになってます。一方、権利とはその行使を強制されるたぐいのものではありません。このことを人権論にあてはめれば、人権は存在するが、行使しないという場合が想定できるわけです。国家というのは、「新しい人権」の行使手段であり、新しい人権が存在するか否かには関係ありません。人権が存在することと、国家は本質的には関係ないのです。行使の段階に入ってようやく国家との関係を問題にする必要が出てきます。それで天賦人権論者は、「手段にすぎない国家がなに権利の行使主体である我々に命令してくんじゃいボケ、行使するかどうかは我々が決めるんじゃ」と青筋立ててるのかなと。だからこの議論に関しては天賦人権論者に分があるといっていいんじゃないかと思いますが・・・。

筋違いな指摘でしたら申し訳ありません。

ブログでははじめまして。 TypeKey 導入してみて如何でしたでしょうか?多分、私がメールする前に、 Angelix 名での私のやらかし記録を見ておられたかも知れませんね。先生のうかつメディアというエントリーを見ていて Twitter にはかなり長い間入っていなかったのですが、入るとはまってしまう感じではあります。
で、その Twitter で迂闊にも @toshi_fujiwara に絡まれて反応してしまったのですが、自民党憲法草案のように、公共の福祉(welfare of the public)が公益と公の秩序(public order)という文言になると、国家政府の都合で法律で無制限に人権を侵害出来るようになってしまうと言われました。中学社会科レベルとか言われました。 Togetter でも、それを危惧する書き込みが見つかり、 http://togetter.com/li/294319 http://togetter.com/li/294656 http://togetter.com/li/420420 正しいのかもと思ったりしたのですが、先生の専門知識で論じるとこれはどうなるのでしょうか?
P.S.
やり取りをした時は全く気づきませんでしたが、氏はどうやら、火炎瓶監督と Togetter では呼ばれている電波系として有名な方だったようです…

>村人Aさん
ソ連があった頃のジョーク。アメリカ人がソ連人に言いました、「我が国には貴国と違って言論の自由がありますからな」。ソ連人が答えて「ソ連にだって言論の自由はありますとも。ないのは言論後の自由です」。さてこのケースでは「言論後」のことを考えなければそれでも何かを言う自由があると言ってもいいが、完全に物理的な可能性がない場合、例えば紙とインクが存在しない国家における出版の自由は、存在しているのかどうか。
村人Aさんは、「権利がその実質的な行使可能性ごと存在しているが、行使しない」場合と「権利の行使可能性が存在しない」ことを混同しています。たとえば現状において生活保護受給は一定の場合に生じる権利なので行使しないことが可能であり、それは権利が実在することとは矛盾しません。しかし国家が存在しない場合にはそもそも請求すること自体が不能であり、権利は行使されていないのではなく行使できない状況にあります。さて、その「行使できない権利」というのは本当に存在するのでしょうか。存在するとすればどのような意味においてでしょうか。それを「存在する」と言うことの意味はどこにあるのでしょうか。
地球上の生命がすべて死に絶えても「この青空は美しい」という言明は意味を持つし、その美しさは空の客観的な属性であるというような、極端に客観主義的な存在論に立脚すれば村人Aさんの反論は成り立ちます。しかしその場合、社会権を含む人権は人類が存在しない過去から全生命が死滅した未来までまったく不変のものとして存在し続けているという言明にコミットすることになりますが、それでいいですか? 私は、それは天賦人権説を支持している人のほぼすべてが支持しない存在論だろうと思いますが。

夜分に失礼します。我ながら夜型もいいとこですね・・・。

「権利の行使可能性が存在しない」場合というのは、本議論においては想定しなくてもよいのではないでしょうか。天賦人権論者も、国家の存在を前提にしないと一部の人権が行使できないことは認めるでしょう。しかし、ということは(ロックあたりの社会契約論でも持ち出して)国家を設立すれば人権を行使できるわけで、行使が不可能な状態というのは某議員も天賦人権論者も想定していないと思われます。某議員と天賦人権論者の違いは、国家を手段として考えるのかそれともそれ以上のものとして考えるのか、そして国家が我々に人権の行使を強制することができると考えるか否か、です。

というわけで、彼らの議論においては権利の行使可能性が存在する場合のみを想定すればよく、それを前提とした上で、大屋先生の見解に対し先のような指摘を致しました。

またまた筋違いな意見でしたら申し訳ありません。

>Emmanuel Chanelさん
すいません、スパムフィルタに引っかかっていたのにいま気付きました。
言及されている問題、あ~やっぱりそういうこと言ってる人いっぱいいるんだ~(タメイキ)という感じです。私自身は上記の通り自民党の改憲案をちっともいいと思っていませんが、その批判は完全にスカです。
別件が落ち着いたところで放りっぱなしのメモを掘り出しますので、しばらくお待ちください。

コメントする

2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Monthly Archive

Webpages

Powered by Movable Type 5.14-ja