行為とその責任

| コメント(0) | トラックバック(0)

松文館事件について、同社社長の上告が棄却され第二審判決(罰金150万円)が確定したとのこと(Yomiuri Online)。関係各位にはいろいろ思うところがあるだろうが、私としては漫画が反社会的言論をもなしうる十全な表現媒体として国家に公認されたことを喜びたい。

もちろん「表現する側」としては、猥褻表現をすることも言論の自由の一部であって不可侵だとか、言論の自由が一定の法益によって制約される可能性があることを承認しつつもこのケースでは優先されるべき法益が存在しないとか、主張することは許されるだろうと思う。漫画を児童ポルノとして取り締まるべきではないという意見はたとえば後者であり、衝突する相手としての児童の性的自由・自己決定権がないではないかというわけだ。もちろん、基本的には「表現を享受する側」であり、ときには「表現される側」であったりする我ら人民がその主張を容れるかどうかはわからないし、またその主張を行なう場としては法廷と議会のどちらがふさわしいかという議論はあるだろうが、しかし現に訴えられれば裁判所でそう主張せざるを得ないということは良く理解できる。

しかし漫画だから(たとえば写真やビデオと違って)性的刺激の度合いは強くない、だから猥褻物にはあたらないという主張はどうなのか。この主張は結局、いい大人を性的に興奮させることなどできない二流の表現手段として、現に存在する実体に対するまがいものとして、子供のおもちゃとして、漫画を位置付けることに他ならないのではないか。たとえ無罪を勝ち取るという目的があったにせよ、自らが携わっている表現手段をそのように貶めることは「表現する側」としての自殺行為なのではないか。

自らが一人前である、社会の構成者として尊重さるべき存在であるということを主張するためには、たとえ自分の利益につながるとしても言ってはいけないことがある。逆に言えば、尊重を要求するためには責任をあえて引き受けなくてはならないことがある。という原稿を(いやこの事件は題材にしていないが)先日書いたのでそのうち出るという予告なのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.axis-cafe.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/432

コメントする

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Monthly Archive

Webpages

Powered by Movable Type 5.14-ja