こわれぎみ

| コメント(5) | トラックバック(0)

家にこもって原稿を書いていたところ少々こわれ気味、というか整形外科的に多少こわれたので健康管理室に行って相談したら「いいからさっさと医者に行け」と言われ、病院で首の6方向レントゲンとか撮影されたのだがどうも理由がはっきりしないらしくとりあえず一月分の飲み薬とか処方されていまひとつ判然としない(挨拶)。ちなみに「6方向ってどうやって上下から撮影するんだろう」と悩んでいたのですがななめが加わって水平方向で「*」に撮るということだったようです。はい。

え~なんかこう北の方で実験が成功するのしないのという話があって世間が騒がしいようですが私としては善意の贈与が善意をもって報いられるためにはそれを善意として理解することのできる感受性と相手に同等のものを返さなくてはならないという道徳律が共有されているという前提が必要であるという、すでに何度も何度も述べている範囲から一歩も出る話ではないなと思う。こないだうち外交官の人のお話を聞く機会などもあって、英米の人権外交(といいつつ内容に普遍性がなかったり機会主義的に操作していたりするあたりはもちろん見透かされている)でも中ロの国益外交(をするのはいいんだが相手国の内部がどうなろうが知るもんかという態度が露骨なのもどうかと思う)でもない日本外交の可能性ってえのもあるよなと私としては思い、まあスローガン的には日本の「お人好し外交」とか言ってもいいと思うのだが、しかしお人好しがお人好しの顔をしていられるにもそれなりの限界があるんだぞということは、世界平和のためにも明らかにした方がいいと思うわけである。「平和を愛する諸国民の公正と信義」がないのなら我々の前提も変わってきちゃうんですけど、つうかね。

というようなことを考えていたらお隣からこういう発言があったわけです(「大統領府「米国は戦争国家、戦争起きれば被害者は韓国」」朝鮮日報)。

大統領府の宋旻淳(ソン・ミンスン)安保室長は18日、「国家の誕生と生存の歴史において、米国は世界中のどの国よりも多くの戦争を行ってきた国で、戦争による最大の被害者は安保構造の不条理に対処している韓国だ」と発言した。

ええっと。確かイラク紛争の時だったか、訪韓したラムズフェルド米国防長官に「なぜ韓国の若者が地球を半周して戦争に行かなくてはならないのか」という趣旨の質問をした記者がいて、長官が答えたわけです――「半世紀前に、なぜアメリカの若者が地球を半周して戦争に行かなくてはならないのか質問したアメリカ人もいました」。まあもちろんアメリカにはアメリカの守るべき国益があって介入したわけですが、しかしそれを問題にするのは発生論的誤謬というヤツです。たとえ人権を守るためであろうが虐殺を止めるためだろうが武力介入は許されないと「戦争の論理」を丸ごと否定する道というのはあって、まあ個人的には宗教家には許されるよねと思います。ところでお隣は潘基文・外交通商相が国連事務総長になるので次の外相を決めなくてはならないそうで、宋・大統領府安保室長はその有力候補らしいです。ああそうですか。

ところで「1日3回毎食後」って私まず3食食べるところからはじめる必要があってですな。体重増加という別の健康リスクにどう対処すべきかが現在のところ私の最大の関心事です。なんかこう、いいでしょうもうこんなの。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.axis-cafe.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/358

コメント(5)

>体重増加という別の健康リスクにどう対処すべきか

3食食べた方が体重増加は寧ろ抑えられるかと。
昼夜2食で夜ドカンと食べるのが最も効率的に脂肪を蓄えられるのでは無いでしょうか。

咋冬3ヶ月で10kg落とした経験から申し上げますと、
(まあそれだけ落とせるキャパがあったということですが)

体重を減らすには矢張り

「不味いものを食べる」

これにつきます。美味いものを食うから太るのです。不味いものならば食べ過ぎどころか途中で食べるのが嫌になります。
不気味に薄甘いきなこココアやリエータスープ、ぼそぼそしたおからクッキーで夕食を代替すればガンガン痩せられますね。

しかし米国よりも英国の方が戦争の回数は多い気が。

針とかお灸とかためしたら?

そういうの、なめてるとあとで大変になるよ。

>紅 氏
問題は2食のときの習慣のままで3回食べるようになる危険性が高いことではないかと思いますが、すでに職場から帰れなくて3食食べられなくなっているので大丈夫かもしれません。
あと「まずいものを食べる」というようなQOLの下がる対策はイヤです。つうかそれはそれでストレスファクターでは。

> 咋冬3ヶ月で10kg落とした経験から申し上げますと、

にくい。

>こうの氏
や、とりあえずレントゲンではっきりわかる病変はなかったので、ゆっくり理学療法を受けに行きます。
それで効かなかったら整体かなあ。

実はこの5日間ほど首が痛かったので、首こわれつながりで(?)
おおや先生のこのエントリを読み返していました。
まさか、いつぞやの玉突きのせいではないですよね。
もう治っていらっしゃるといいのですが。どうかお大事になさって下さい。

>院生なのでACさん
ども、ええともうだいぶ時間がたっていますし事故のあとに症状が出たわけでもないしその後の検査で判明したこともあるしで、事故との関係はなさそうです。
なお新しいエントリにも書きましたが療養中です。いやまあそうたいした症状はないので良いんですが。

コメントする

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Monthly Archive

Webpages

Powered by Movable Type 5.14-ja